読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトモノメモ

日々発見したコトモノについて粛々と綴っていきます

今やトランプ氏の手に 大統領が独断でできる事4つ

全米の誰にもメッセージを送れる

2012年に開設されたワイアレス緊急警報(Wireless Emergency Alerts)によりアメリカ中のほぼすべての携帯電話に大統領のメッセージを一斉送信する事ができます。通常のSMSやメッセンジャーとは別に緊急メッセージ用のウィンドウで表示されます。災害警報などは受信しないように設定できますが、この大統領からのメッセージは受信拒否ができないようになっています。これによって大統領は米国民に伝えたい事を簡単に伝える事ができます。

 

電子機器の捜索を命令できる

大統領により国土安全保障省(NSA)に与えられる権限。それは国境から100マイル以内のすべての電子機器を捜索する権限です。大統領はNSAにこの権限を令状なしで与える事ができます。

 

核攻撃を始めること

大統領のそばには常に「核のフットボール」と呼ばれるブリーフケースがあります。この中にはアメリカ軍の配備する核兵器の発射コードが含まれており、拒否権のない国防長官に命令を下し、敵対国に向けて核ミサイルを発射する事ができるのです。

 

緊急事態宣言を出し延長すること

大統領は災害やテロなどの緊急事態が発生した際に緊急事態宣言を出すことができます。同時にその宣言延長することができます。これはよく知られていることですが、前任者の大統領が出した緊急事態宣言を延長することができます。実際に、オバマ大統領は任期中に前任者が出した緊急事態宣言の内、22の宣言を延長しています。